【すべての情報を集結。なくしたら「ヤバイ」手帳】青澤司様

価値観を意識することで、目標を達成でいるようになったと語る。青澤さん。年に一度は価値観や目標を見直すという。

1)使い始めたきっかけを教えてください。

青澤様:

PDAでスケジュール管理を行っていて、それなりに満足していましたが、仕事とプライベートを一括管理するには、システム手帳の方が良いかな?と思いかけていました。
その時、フランクリン・プランナーのホームページを見て、価値観をベースにした考え方に感動し、物事を4つのグループに分けて考える方法を知り、これだ!!と思いました。それをきっかけに、使い始めて早4年目となります。

2)プランナーをお使いいただいた中で、どのような成果がありましたか?

青澤様:

価値観と目標を常に意識した行動をとるようになり、意味のない時間を嫌うようになりました。「転職」「ダイエット」「禁煙」など、多くの目標を達成できました。※残念ながら「英語の勉強を毎日する」は達成できませんでしたが。
自分が苦手とする仕事もタスク・リストに記入することにより嫌々だがこなすようにしています。
 (たぶん、記入していなかったらやらないと思います)
後、仕事と家庭のメリハリがつくようになったと思います。仕事と家庭のタスクすべてをひっくるめて優先順位付けを行うことができるようになりました。

3)普段の使い方(内容やリズムなど)活用例を教えてください。

青澤様:

1日2ページを使用しています。日曜日の夜に、その週の1週間コンパスを作成し、その週のタスクのイメージを考えています。同時に、月曜日のタスク・リストも作成する。
後は、土日にあったことを日記がわりにメモします。そうじゃないと、土日のリフィルが毎週白紙になってしまいますので。。。(平日は、タスクや自由メモ欄が日記がわりですかね。。。)
火曜日以降は、朝一にその日のタスクを作成し、基本的にその日の内にすべてを消化するようにします。
価値観や目標の見直しも半年に1回ぐらいは行っています。はしごの掛け間違いはよくあることなので。。。

4)プランナーの最も使いやすいところ、気に入っているところはどんなことですか?

青澤様:

コンパクト・サイズを使用していますが、普通のバイブルサイズより横幅が若干広いのが絶妙です。
以前、バイブルサイズのシステム手帳を使用している時もあったがリフィルの横幅が狭いのに嫌気がさした覚えがあります。ちょっと、「大きい」「重い」と思うこともありますが使い勝手を考えるとベストサイズなんでしょうね。
あと、1週間コンパスが良く出来ていると思います。特に、デイリー・リフィルの場合、ウィークリーと比較したとき、タスクの見通しが悪いと言う欠点を1週間コンパスがカバーしてくれていると思います。

5)何か独自で工夫されている使い方はございますか?

青澤様:

以前は、バインダーにイタリアンショルダーを使用しており180度開いたのであまり問題なかったのですが、バインダーをブッテーロに変更してから、開きが若干悪くなりました。なので、1日2ページの当日分の2枚のリフィルをバインダーから外してクリアファイルに挟んで机の上において使っています。
当日できない作業は、1日2ページの右ページをひっくりかえせば翌日のタスク・リストなので、そこに記入してしまいます。

6)あなたにとってプランナーはどのような存在ですか?

青澤様:

基本的にプランナー自体はシステム手帳なのでそれ以上でもそれ以下でもないです。
しかし、価値観や目標などを真剣に考えるきっかけを与えてくれたと言うことはすごく感謝しています。
あと自分のすべての情報をそこに集結させているので、もし、無くしたらかなりヤバイですね...

ユーザー活用事例 TOPに戻る