【まさかと思うことまでが次々と現実に変わっていく驚き】坂本可南子様

ユーザーとなって5年余り、このところプランナーに書き込んだ夢や目標がどんどん実現して、自分でもビックリしているという坂本可奈子さん。フリーランスのアナウンサー(ラジオ番組の出演、司会業)、フリーペーパーのライター(取材、執筆)、子育てに奮闘する母親といったさまざまな役割をバリバリこなす彼女に、限られた時間のなかでブレのない成果を生み出し、自己実現するコツを伺った。

 もともと東京の放送局に勤めていた坂本さんは、地方に移ってからもフリーランスのアナウンサーを続けていたが、出産後は仕事をセーブしていた。しかし、お子さんを保育園に預ける段になると、坂本さんのフルタイム勤務が申請条件となり悩むことになる。
そんな悩みにプランナーが気づきを与えてくれたのだという。
彼女曰く「目標シートにゴールを設定して、必要な項目、順序を書き出していきました」。仕事を得て、保育園申請の入園許可が下りるまでの流れを具体的に教えて頂いた。

  1. 子供を希望の保育園に預けたい
  2. まずその学区内に引っ越そう(後述)
  3. フリーランスでアナウンサーの仕事を続けたいが、現状ではフルタイムではないので、保育園に申し込めない
  4. 子どもが保育園を卒園する時期まで、今の仕事を辞めてフルタイムの職を探すべきか迷う
  5. 書く仕事について、以前から興味を持っていた
  6. 知人から「興味ある分野で仕事することを考えた方がよいと思う」とアドバイスされた
  7. 書く仕事が得られる見込みは全くなかったが、プランナーの目標ページに「フリーのままで保育を頼めるようになる(書くことを仕事に)」と書く
  8. その後、知り合いのつてで、フリーペーパーの仕事を手伝うことに
  9. フリーアナウンサーの仕事を継続したまま、フリーライターとしての仕事を得ることに成功
  10. フルタイム業務以上に忙しいことが認められ、希望の保育園に申請し入園許可が下りた

 と、怒濤の勢いである。

 引っ越し部分については、長期目標を「引っ越す」として、以下のように順番をつけて、一つずつ確実に潰していった。

  1. 今の住居について不満な所を書き出す(風通しがよくない、など)
  2. 希望することを書いたチェックリストをつくる(南向き、風通しがよい、住みたい地域などについて)
  3. こだわる部分に順位をつける
  4. 不動産屋に希望の物件が見つかったら教えてほしいと依頼する

ウィークリータスクリストに応用している「6つのマトリックス」 。下の「BUY」は買う予定のもの、「M」は送るメールの略

 引っ越しまで三ヵ月はかかると見ていたが、具体的に書き出したことで、期間内にクリアできた。
 それまでの長い迷いと準備の期間を経て、プランナーに必要な項目、順序を書き出すというアクションを起こした結果、希望の地域に引っ越し、子どもを保育園に入れ、従来の仕事を辞めずに、以前から興味のあった新たな仕事も得るという、三つの大きな目標を次々に実現してしまったのだ。
 「去年から今年にかけて、まさかと思うようなことまでどんどん現実になっていきました。五年間、自分なりに考えながらプランナーを使ってきましたが、この状況にはさすがに自分でもビックリしています」

ユーザー活用事例 TOPに戻る