ユーザー活用事例

【生産性向上】

  • 普段はデスクワークが多いので、フランクリンは2つ使い分けています。
    デスクで使うものは、メモ帳や各演習ツールなどを挟み、普段持ち歩くものは、通常のフランクリン構成になっています。
    男性 会社員
  • 時間の管理及び目標達成する為の計画を立てやすいフランクリンの特徴を基に、営業社員の目標必達の為の営業フローを作成しています。  
    男性 会社員
  • いつも、手帳は、デスク上で開いています。これがポイントだと思います。今日やらなくてはいけないことは、どんどん書き出して、チェックしています。また、デイリーノートには、気がついたこと、ふっと浮かんだアイデア、なんでもいいので、とにかく、忘れないように書き出しています。
    男性 会社員
  • 黒・青・赤・シャーペンがついているボールペンを使って記入しています。様々な色を使うことで見やすく、楽しくなりました。
    女性 会社員
  • 私はAppointment Schedule欄を2つに分け、左側をプランニング。右側には終業後、実際に何をしていたかを記入しています。こうすることで翌日のタスクの確認と重要度の決定に大変役立ちます。
    女性 会社員
  • 私は目標を達成するために、現在週末はほとんど野外で作業しています。
    天候により週末の計画が変わるので、週末のスケジュールを記入するところは、晴れ用と雨用の2つのプランを立てています。常にバックアッププランを考えておけば、急に雨が降ったときでも時間を無駄なく有効に使えます。
    男性 会社員
  • 未確定のスケジュールは、小さな付箋に記入後、マンスリーページに貼り付けています。確定後はページに書き込み、付箋は削除します。
    男性 会社員
  • 必要なPC上の情報も印刷してパンチで綴じてます。一元管理することで情報を検索する時間がグッと減りました。ただしすぐにプランナーが分厚くなりますから、不要となった情報はすぐに削除したり、こまめに見直したりし、整理を心がけています。おかげさまで机上などいろいろなところを整理する癖もつきましたね。
    女性 会社員
  • 次のようなスタンプをつくり、右側のノートのところに押します。
    【起床 :】 【消灯 :】 【出社 :】 【退社 :】
    その他、数種類のオリジナルスタンプを押して使っています。定例のスケジュールは、スタンプで済ませています。
    女性 会社員
  • タスクリストで優先順位の記号を付けるときに、ABCではなく、自分だけの記号を使います。家庭のことであればHOMEの「H」友人のことであればFRIENDの「F」仕事のタスクは多いので、自分の仕事の機能別に3~4種類を使っています。
    女性 会社員
  • スケジュールは鉛筆で予定、確定はボールペンという風に分けました。何度も消せることは大きなメリットです。
    女性 会社員
  • 時間を出来事の連続体という意識を高めるために、アポイントメントスケジュールの時間の横に、一本の縦線を引き、矢印で時間の幅をあらわしています。
    男性 会社員
  • 三色ボールペンを利用し、月間・デイリー・タスク・主要課題すべてを、統一した色で色分けしています。赤は屋内でしなければならない仕事や在宅が必要な用事、青は屋外でしなければならない仕事、黒はそれ以外の予定です。
    男性 会社員
  • 前日までスリムノートに下書きし、毎朝確定したスケジュールをプランナーに清書しています。
    男性 会社員
  • ノートパソコンを持っていかなければならない出張にクラシックサイズのフランクリン・プランナーを持っていくのが困難なので、当日のデイリーと当月、翌月のマンスリーを外してクリアフォルダに挟んで持っていきます。また、メモ用のラインページやカットアウェイを持っていきます。
    男性 会社員
  • 全てのスケジュールや鍵となるデータを手帳に書いて持ち歩いていますので、どこかに忘れてしまったらとても困ります。万が一に備えて、表紙には「こちらの手帳を拾われた方は下記までご連絡下さい。薄謝進呈します」といったメッセージを書いています。
    男性 会社員
  • 仕事とプライベートが全て収まったため、トータルな見方でスケジュールを組むことができるようになりました。
    男性 会社員
  • まず、時間を意識するようになりました。また、タスクを毎日洗い出し、棚卸することで何をすればよいか整理しやすくなりました。
    男性 会社員
  • インデックスを作るのは大変ですが、過去の検索が簡単なので、同じようなことがおこった時に役立ちます。
    女性 会社員
  • アイデアをこまめに書き留めるようになったことで、物忘れが少なくなり安心感が生まれました。
    男性 会社員
  • それまではスケジュール管理は頭の中だけで行っていましたが、スケジュール管理はもちろん、優先順位についても整理が出来るようになりました。
    女性 会社員
  • 人とのちょっとした口約束も手帳に残すことによって、忘れなくなりました。
    男性 会社員
  • 仕事とプライベートのスケジュールの優先順位をつける「癖」がついたように思います。時間に使われているというよりも、時間を使っているという感覚が少しだけ強く感じるようになりました。
    女性 会社員
  • 忘れてはいけない事から開放、自分のやりたいことが楽しんで計画できます。
    女性 会社員
  • 数日後の予定まできちんと頭に入っているので、その予定を見据えた準備が出来るようになりました。
    男性 会社員
  • 私は「7つの習慣」受講以来5年間プランナーを愛用していますが、忙しいときほど助けられます。
    男性 会社員

ユーザー活用事例 TOPに戻る