ユーザー活用事例

【モチベーション】

  • 自分で“欲しいものリスト”をつくり、よく参照する価値観のページにはさんでいます。なにかうまくいったときは、自分へのご褒美、欠かせません!
    女性 会社員
  • 英語版のデイリーリフィルを使っているので、日々の英語の格言を毎朝「デイリーノート」の最初に、和訳するようにしています。英語の勉強になりますし、これだけでもやれば、デイリーノートが空白の日もなくなります。
    男性 会社員
  • 毎晩、どんなに上手く行かなかったように思われた日でも、その日の「うれしい、楽しい、ラッキー」などのプラスの思いを探し出してデイリーノートに記入し、月末には「インデックス」欄にそれらをまとめます。すると、毎月のインデックス欄を読み返すたびに幸せな気分がまたよみがえってきますし、さらに、それが自分だけの「やる気のサプリメント」になり、パワーがじわじわと沸いてきます。
    男性 会社員
  • 私はプランナーから元気をもらっています。方法は簡単です、元気になる言葉など書き込み、後ろにストックしているのです。落ち込んだらそこを開けば、すぐに元気になれます!
    女性 会社員
  • 優先事項に専念するために達成度を示すスコアをその日のデイリーページの決まった場所につけています。例えば、今日のタスクにAが5つ、そのうち完了したものが3つとするとその日のデイリーページの決まった場所(私の場合左上の日にちの横のスペース)に3/5と記載します。
    女性 会社員
  • 今まで、何事も2日として継続したことの無い私が2ヵ月も継続しています。私は、フランクリン・プランナーを購入する際に「一人でやっても絶対続かない、恋人との間にも甘えが入る、友達とやってもなぁなぁになってフェードアウトしかねない」と思い、私は、カタログから吟味して、自分用と彼用の2セットを発注しました。
    その彼とは、自他共に認める最高のライバルです。親友というよりも人生のライバルといった存在です。その彼に、私はフランクリン・プランナーをプレゼントしました。そして週に一回、お互いの利用法や、業務進捗状況などを報告しあっています。この週一回の議論の土台に、フランクリン・プランナーをおいたのです。
    女性 会社員
  • 私は片岡球子さんという100歳になる日本画家の描く富士山が好きで、その絵を手帳に貼っています。何となく見ていると元気になったり、気持ちを応援してくれます。
    女性 会社員
  • タスクを達成後、マーカーで消すことで、モチベーションがグンと上がります!
    男性 会社員
  • プランナーからモチベーションを得ることは簡単です。ひたすら継続することです。すると以前の自分と比較ができ、成長を実感することができるのです。これ以上に元気が出ることはありません。
    男性 会社員

ユーザー活用事例 TOPに戻る