ユーザー活用事例

【ライフバランス】

  • まずプライベートの項目は上の方から順に書き、仕事関係は下から順に書いていきます。優先順位もプライベートでA1 A2、仕事の項目でもA1 A2とつけるようにしました。これで手帳を開いたときに仕事面とプライベートの面がはっきりと見分けられすっきりした形にでき、つねにバランスを意識できるようになりました。
    男性 会社員
  • 日曜日に、必ず「1週間コンパス」の役割達成度を○×でチェックしてから、それを踏まえて次週分を記入します。その週に達成できなかった役割は、次週に意識するようになりました。
    男性 会社員
  • 市販されている8種類の色鉛筆の芯が1本のホルダーに納まった筆記具をつかい、自分の役割ごとに色を決めて、書き込んだ項目にすべてアンダーラインを引きます。役割ごとのアンバランスが一目でわかりますよ。 色鉛筆なので、ボールペンやマーカーと違って書いた文字が隠れてしまったり、裏写りもありません。
     一日の終わりに、「今日は赤ばっかりだ」とか「最近黄色が全然でてこない」などと考えながら、その日の出来事に一行一行役割を確認しながらアンダーラインを引くのです。まさにライフバランスを保つのに役立っています。
    男性 会社員
  • 仕事とプライベートのバランスが完璧だと思っています。
    女性 会社員
  • 自分の役割を毎週「1週間コンパス」に明確化することで、人への接し方がものすごく変化しました。特に、夫としての役割が自覚できたおかげで、夫婦げんかが少なくなり、けんかをしても、それほど大きな騒ぎにはならなくなりました。
    男性 会社員
  • プライベートを犠牲にすることが多かったのですが、非常に少なくできるようになりました。
    男性 会社員
  • 仕事を退職したあと、結婚して子供がいる今は、主に子供の一日の様子を中心に書いています。何時に寝て起きたか、何を食べたか・・・等々、育児日記の続きをつけているような感じです。また主婦としては、家族の予定はもちろん、その日の献立、特売日のお店、値段、その他「得する情報」を思い付くままに書き込んでいます。
     また新聞のトップ記事を必ず書き込んでおくようにしているので、大袈裟に言えば社会のことと家庭内のことが一目で分かるような感じです。子供が出来るとなかなか日記をつけたりする時間が取れません。まして予定と育児記録等々、別々に記録することは難しいのが現状です。
     この手帳を使いはじめてからは、自分のことも含めて、わずかな時間でいろんな事を確認でき、私にとってはなくてはならないものになっています。
    女性 主婦

ユーザー活用事例 TOPに戻る