for Students
7つの習慣ティーンズ2
大切な6つの決断~選ぶのは君だ~

1,600円(税別)

購入はこちらから

7つの習慣ティーンズ2 大切な6つの決断~選ぶのは君だ~

著者 ショーン・コヴィー
訳者 フランクリン・コヴィー・ジャパン
発行年月日 2008年2月25日

前作『7つの習慣ティーンズ』は世界で300万部以上のベストセラーとなり、日本においても大きな注目を集めました。

「7つの習慣」は発売から10年を経た現在においても、多くの支援者に支持され続けています。その活動は、企業への導入にとどまらず、学校や官庁、家庭にも広く浸透し、その影響力の大きさは増し続けています。
日本でも、小学生向け塾での教育に代表されるように、子どもたちから大人までの幅広い層に広まっています。
本書は、ティーンの人たち(中学生~高校生)が、様々な生活シーン(6つに分類)の中において、「7つの習慣」をうまく取り入れることによって、将来に向けた正しい「選択」ができるように、書かれたものです。
子どもたちの未来にとって、有意義で実りのある書籍に仕上がっています。

主な内容

6つの決断・・・・・・選ぶのは君だ
7つの習慣クイックマスター・・・・・・成功と失敗の分かれ道

決断1:学校 ストレスがいっぱい
1.最後までやり抜こう
2.学校生活を生き抜こう
3.大学を目指そう
4.あなたの「ボイス」を見つける

決断2:友だち関係 楽しいけど、気まぐれなもの
1.友だち関係に必ずある障害を乗り越えよう
2.友だちを作ることと、友だちであること
3.仲間のプレッシャー

決断3:親との関係 恥ずかしい!
人間関係信頼残高
親がうるさくって
ギャップを埋めよう
親を育てなければならない場合

決断4:異性関係 私たち、このことについて話す必要ある?
賢い付き合い方をしよう
愛があれば待てるはず

決断5:中毒 やめるなんて簡単さ・・・・・・ぼくはもう一〇回はやめてるよ
三つの残酷な現実
中毒の現実を直視しよう
根っこを絶つ
二一世紀の薬物

決断6:自己価値 もう少し美人に生まれていたらなあ!
社会の鏡と真の鏡
性格と力量
自分のエル・ワポを克服しよう!

スティック・トゥー・ザ・コード・・・・・・闘い取るに値するもの!

サンプルページ

この本を推薦する方々

「この本を読めば、ティーンがプレッシャーに対処し、大きな決断を適切に行う方法がたちどころにわかる」

―ペイトン・マニング(インディアナポリス・コルツのクォーターバック、NFLのMVP2回、プロ・ボウル選出六回)

「身びいきに聞こえるかもしれないが、これが注目に値する本であることは胸を張って言える。楽しく、かつ感動的な文章があふれている。ティーン本人はもとより、その親たちや教師たちにとっても、間違いなく必読の書である」

―スティーブン・R・コヴィー(世界的ベストセラー『7つの習慣』の著者)

「世のお母さん方。お子さんの明るい将来を願うなら、この本を読ませなさい。効果のほどは私が保証します」

―キャンディス・ライトナー(飲酒運転に反対する母親の会創設者)

「この本は申し分のない内容です。私の学区内の全生徒74,000人はもとより、その親や6,000名の教師たちにも読んでもらいたいと思います。ナッシュビル市のティーン向け必読書に指定する方法を今考えているところです」

―ペドロ・ガルシア教育学博士(メトロポリタン・ナッシュビル公立学校区教育長)

「必要なことがすべて詰まっている。こんなに革新的で、示唆に富んだ本は滅多にお目にかかれない。

―ラリー・キング

『7つの習慣 ティーンズ2』高校生読者座談会
「僕らにとって大切なこと」