for Business Person
ゴールデンエイジ
7つの習慣、新・サムライ精神に学ぶ、素晴らしきシニアライフ

1,600円(税別)

購入はこちらから

『 ゴールデンエイジ 7つの習慣、新・サムライ精神に学ぶ、素晴らしきシニアライフ』

著者 幸嶋 祥夫
編集者 フランクリン・コヴィー・ジャパン
発行年月日 2006年4月30日

世界有数の高齢化社会を迎える日本において、退職後の人生は老後ではなくなりました。「ゴールデンエイジ」として前向きで素晴らしいシニアライフを歩むための新しいパラダイムと行動を、コンサルティング会社経営の幸島祥夫氏が提案します。

本書では、著者がコヴィー博士との対談をきっかけに、「7つの習慣」をシニアライフにおいてどのように考え行動すればいいのかというテーマを中心に、日本古来の「サムライ精神」を取り入れた新しいパラダイムの提唱、また、経済学部客員教授として、シニアのための「バランスシート」の考え方を提唱します。

目次

  • 第一章 イキイキとした人生を送るゴールデンエイジ
  • 第二章 パラダイムと原則―原則に基づいた人格主義への転換
  • 第三章 私的成功のための三つの習慣
  • 第四章 社会とのつながりのなかでの成功の原則
  • 第五章 自らを磨くための原則―第七の習慣 刃を研ぐ
  • 第六章 人はみな自己のパラダムで行動する―サミュエル・ウルマンの「青春」の譜をもう一度
  • 第七章 人格主義のパラダイム(原則中心のパラダイム)―新サムライ道の勧め―
  • 第八章 「ゴールデンエイジ」のバランスシートを考える」―長期にわたり「衣食足りて礼節を知る」こと

著者紹介

幸島 祥夫
福山大学経済学部 客員教授、経営コンサルタント、T&Kパートナーズ代表取締役社長。
昭和16年生。一橋大学卒業およびコロンビア大学大学院経済学MA卒業。東京三菱銀行常務取締役、東京三菱投信投資顧問・取締役副社長を歴任。2000年3月にT&Kパートナーズを創設。日経CNBCのTV番組『目からウロコの経済学』のメーンキャスターを務めた。
主著:『国際金融に挑む』ダイヤモンド社、『バランスシートによる日本経済分析』シーエーピー出版