for Business Person
スピード・オブ・トラスト

2,000円(税別)

購入はこちらから

『スピード・オブ・トラスト』

著者 スティーブン・M・R・コヴィー
訳者 フランクリン・コヴィー・ジャパン
発行年月日 2008年11月25日

『7つの習慣』著者 スティーブン・R・コヴィーの
長男が贈る「信頼」の原則

本書は、タイトルにもあるように、『7つの習慣 成功には原則があった!』においてスティーブン・R・コヴィー博士によっても説かれているビジネスにおける「信頼」の大切さと必要性、そしてその構築の方法を、スティーブン・M・R・コヴィーが事例を交えながら分かりやすく体系化したものです。「信頼関係」は自ら構築できるものであるとした、M・R・コヴィーの提言は各界の著名人を含め、多くの人の共感を生んでいます。

“2007年800のCEOが選ぶ本”第一位

米国では“2007年800のCEOが選ぶ本”において1位に選ばれたほか、ニューヨークタイムズ紙の週間売上ランキングに14週連続ベスト10入りを果たすなど、経営者を含めたリーダーの方々はもちろんのこと、一般のビジネス・パーソンにも好評を博しています。

今こそ信頼の必要性を再認識するとき

元来、この書籍のテーマである「信頼」は、日本社会で根底に流れる価値観として力強く存在していました。しかし昨今ではいかがでしょうか。様々な組織の不祥事が後を絶たず、「信頼」が揺らぎ、危機的状況が起きていると言わざるを得ない状況です。ビジネスのみならず、社会においても、この「信頼」を築き、保つことの大切さ、重要さを今一度感じていただけるでしょう。

  • アメリカ“2007年もっとも社長に読まれた本”第一位
  • ニューヨークタイムズ紙:14週連続ベスト10入り
  • ウォールストリートジャーナル紙:売上1位獲得

【主な内容】

  • 【第一章】一つのものがすべてを変える
  • 【第二章】第一の波   
    • 自分自身の信頼 信頼感の原則
  • 【第三章】第二の波   
    • 人間関係の信頼 行動の原則
  • 【第四章】第三、第四、そして第五の波
    • 利害関係者の信頼
  • 【第五章】信頼を呼び起こす

本書を推薦する著名人

まさに珠玉の一冊である。

スペンサー・ジョンソン医学博士
『チーズはどこへ消えた?』著者

スティーブン・M・R・コヴィーがついにやってくれた。これぞまさに意欲溢れるリーダーの“必読書”だ。

ダグラス・R・コナント
キャンベル・スープ社長兼最高経営責任者

企業のリーダーに限らず、すべての人の必読書だ。この本から得るものは計り知れない。

ジョン・M・ハンツマン
ハンツマン・インターナショナル創業者・会長

大丈夫、スティーブンの主張は間違いない。これは本当に素晴らしい本だ。

ブレイク・M・ローニー
ニュ-スキン会長

『スピードオブトラスト』はまさに時代が求める書だ。法規制をはじめビジネスを監視する目が厳しさ増している今日、基礎を見つめ直すことが求められている。そして、信頼は無形の資産であり、あらゆる組織や企業の長期的な持続可能性を実現できるものである。スティーブン・M・R・コヴィーの新著のお陰で、組織の信頼という財産の強化を将来に向けて進めることができる。

ウィリアム・G・パレット
デロイト・トゥーシュ・トーマツ最高経営責任者/
米国デロイト&トウシュ会計事務所シニア・パートナー

これは私が待ちに待った本である。信頼こそがまさしく利益と成功と繁栄を生み出すものである、という主張が明確に展開されているからだ。グローバル化という大きな潮流に立ち向かう米国やその他の国々にとって、信頼の価値を熟知することがまさに大きな力となるのはなぜか、その理由をスティーブン・M・R・コヴィーは確かな証拠と説得力ある実例でもって解き明かしてくれている。あなたもこの本を読んでほしい。そして"高信頼"リーダーになってほしい。あなたの心、あなたの会社、あなたの利害関係者、そしてあなたの正味資産があなたに大いに感謝することだろう。

パトリシア・アバディーン
『Megatrends 2010: The Rise of Conscious Capitalism』著者

信頼は色々な関係の土台だ。『スピードオブトラスト』は、あなたの土台を効果的に築くことを可能にするだろう。私はこの本を強く推薦する。

ジョン・C・マクスウェル
執筆者/講演家/INJOYスチュワードシップ・サービシズおよびEQUIP設立者

信頼はすべてを変える一つのものであるという主張を、コヴィー氏は見事に展開している。スピードが成功の条件であり、信頼がスピードを生むことを教えてくれる。リーダーたちの実に多くが信頼の持つ力に気づいていない今日、この本は必読の書と言える。

マーカス・バッキンガム
『Now, Discover Your Strengths』
〔邦題:さあ、才能(じぶん)に目覚めよう――あなたの5つの強みを見出し、活かす〕著者

仕事でも私生活でも、あらゆる関係でもっとも重要な要素は信頼と信頼感である。この本は、それを獲得し、築き上げ、維持し、生活のすべての側面に信頼を組み込む方法を教えてくれる、本当に素晴らしい一冊だ。

ブライアン・トレイシー
『The Way to Wealth』著者

全世界のどんな組織でもパフォーマンスを幾何級数的に改善することは可能である、とこの本は声高に主張している。だが、コヴィー氏はそこで終わらない。それを実行するための道筋も示してくれているのだ。『スピードオブトラスト』は、将来に向けて人々が協力し合うための土台を築くための独創性豊かな書と言えるだろう。

ジョーゼフ・グレニー
「ニューヨーク・タイムズ」ベストセラー書『Crucial Conversation』共著者

変化の激しい今日の世界で成功を約束してくれるもの、それは、ともに五文字から成る"Trust(信頼)"と"Covey(コヴィー)"だ。『スピードオブトラスト』は私の新たなリーダーシップ・バイブルになった。

パット・クローチェ
ベストセラー書『I Feel Great and You Will Too!』著者/
フィラデルフィア・セブンティシクサーズの元オーナー

『スピードオブトラスト』は、今日の社会であまりにも長い間無視されてきた、信頼の原則にスポットを当てている。これは我々の生活のあらゆる側面に影響するものだ。職場や組織、個人の関係における信頼の築き方だけでなく、そうした環境で信頼が失われた場合の修復の仕方までコヴィー氏は教えてくれている。信頼という要素が、スピードアップとコスト削減を通じて市場や企業の最終損益に直接影響することを実証している。斬新な内容をきわめて簡潔かつ体系的に整理している『スピードオブトラスト』は、読む人すべてに役立つことだろう。

ハイラム・W・スミス
『TQ』著者/フランクリン・コヴィーの共同創設者

コヴィー氏のこの本は、二一世紀における組織の成否を左右する唯一の最重要要素である"信頼"に照準を合わせている。大胆さと想像力、先見性に富み、経験的で分析的な影響力に裏打ちされたその中身は実に強烈だ。支援団体からグローバル企業に至るまで、責任あるポジションにある人すべての必読の書である。

ウォーレン・ベニス
著名な経営学者/『リーダーになる』著者

ためし読み

著者紹介

スティーブン・M・R・コヴィー
コヴィーリンク・ワールドワイドの創立者の一人であり、現在CEOの地位にある。信頼、リーダーシップ、倫理およびハイ・パフォーマンスの分野で人気と説得力を併せ持つ講演者およびアドバイザーとして、世界的に活動している。その主張を要約すれば、「信頼がもたらすスピード」ほど速いものはなく、信頼を築き、育て、与え、回復する能力は、新たなグローバル経済におけるリーダーシップに欠かせない能力だということになる。彼はこのメッセージを熱い心で人々に送り続け、個人や組織による高信頼配当の獲得に貢献している。短期および長期のパフォーマンスに影響しかねないリアルタイムな問題に対する彼の見識に富んだ実践的アプローチは、個人と組織の心をつかんで離さない。