フランクリン・プランナー 2018 商品カタログ
2/72

2018年、働き方を「フランクリン・プ多様で柔軟な働き方を選択でき、ワークライフバランスの実現と生産性の向上を目指す「働き方改革」。その第一歩はタイム・マネジメントです。「フランクリン・プランナー」は、働く一人ひとりの改革を応援します。❶ 行動を支配する価値観を明らかにする私たちが何気なく行っている行動の選択は、すべて自分が持つ価値観に支配されています。そして、その価値観を明確にして、それに沿った行動をすれば、結果が変わります。まずは、自分の価値観を明確にすることからスタートしましょう。❸ 重要ではないことに「No」と言う働き方を変えたいなら、何かをやめる決断もときには必要となります。重要なことを行う時間をつくるためには、いくら緊急に見えても重要ではないこと、やらなくてもいいことに「No」と言う勇気を持ちましょう。❹ 計画の変更に柔軟に対応する計画どおりに実行できるのが一番ですが、突発的なことはよく起きますから、立てた計画に固執しすぎないようにします。「今本当に行うべきことは何か」を考えたうえで、計画の変更には柔軟に対応しましょう。して、それに沿った行動をすれば、結果が変わります。まずは、自分の価値観を明確にすることからスタートしましょう。❸ 重要ではないことに「No」と言う計画どおりに実行できるのが一番ですが、突発的なことはよく起きますから、立てた計画に固執しすぎないようにします。「今本当に行うべきことは何か」を考えたうえで、計画の変更には柔軟に働き方改革を実現する「タイム・マネジメント」4つのポイント

元のページ  ../index.html#2

このブックを見る