7つの習慣 コンピテンシー・モジュール

15,000円(税別)

購入はこちらから

表紙

ビジネスで成果を出し、大切な人間関係を築くためのコンピテンシーを16に集約 

コンピテンシー・モジュールとは、「7つの習慣」をいつでもどこでも気軽に学び、普段のビジネスや生活に取り入れることができるように、16のコンピテンシーに分類し、各コンピテンシーを40分~60分程度で学び理解することができるように編集したものです。

単なるワークブックだけではなく、学習をガイドするナビゲーション(音声)がついていますので、ナビゲーションにしたがってスムーズに学習を進めることができます。

スタディガイド音声CD付
  • 16のモジュールごとにワークブックテキストを分割しているので、手軽に学習できます。
  • 音声ガイドに従ってスムーズに学習を進めることができます。

【商品構成】

『7つの習慣 コンピテンシー・モジュール』 A5判 16 種類

スタディガイド 音声CD2枚付属(約90分)

【各モジュールの内容】

モジュール 内容

Module-1

自分の態度・考え方・行動を選ぶ

私達には与えられた刺激に条件反射するのではなく、自分で自分の態度・考え方・行動を選択する自由があります。反射的に否定的な対応をしたくなるような状況でもいかに自分の価値観や目的に従った行動を選択するのか、その方法について学びます。

音声サンプル(MP3)

テキストサンプル(PDF)

Module-2

優先順位を決める

効果的に行動するためには、人間関係、役割、活動のバランスを取る必要があります。優先順位の付け方やもっとも重要な事柄に注力する方法について学び、周りからの要求と自分の仕事のどちらを選ぶかの見極め方と効果的な対応について学びます。

Module-3

信頼を勝ち取る

あらゆる人間関係はあなた自身の相手に対する信頼の「預け入れ」と「引き出し」によって作られています。周りの人との信頼関係を維持し、深めるためにはどうすればいいのかを学びます。

Module-4

自分の影響範囲に集中する

世の中の出来事には自分でコントロールできることとできないことがあります。コントロールできない事柄に時間とエネルギーを費やせば、コントロールできることにかける時間が少なくなります。さまざまな状況の中であなたの影響力のレベルを認識し、コントロールできる範囲に意識を集中させ生産性を高める方法を紹介します。

Module-5

模範を示す

周りの人に前向きな刺激を与え、効果的な行動へ促す方法を紹介しています。他人の見本となる4 つのステップを実践することで状況を良い方向に変えることを学びます。

Module-6

自分のミッションを持つ

あなたは人生の明確な目的を持っていますか?あなたは自分の未来を選択し、将来のビジョンを設定することができます。個人的なミッション・ステートメントを作成することによってあなたの日常の行動をあなたにとって大切なものへと方向付けていきます。

Module-7

生活のバランスを保つ

人生における大切な役割とは何かを見出し、それぞれの役割を果たす方法を紹介しています。仕事と家庭の両立など自分の人生のバランスを保つことによって幸福や達成感を味わうことができます。

Module-8

緊急事態を減らし、業務のオーバーフローを防ぐ

あなたの仕事やプライベートにおける活動を緊急性と重要性から分類していきます。本当に重要な事柄に意識を集中し、重要性が低くあまり生産的でない行動を除外していく方法を学びます。

Module-9

優先順位に従って計画する

重要でない仕事に時間を浪費することを避け、重要な活動を行うための目標を設定しその目標に優先順位をつけていきます。長期目標に合わせた具体的な日常業務の活動を行うことによって人生の軌道修正を行います。

Module-10

効果的に協力しあう

私達はビジネスを競争と見る一般的な風潮に影響され自分が満足するには誰かが犠牲にならなければならないと考えがちです。しかし、全員が満足する結果があると信じる事もできます。そのような考え方をWin-Winと呼びます。Win-Win のアプローチを行い、人間関係を改善する方法について学びます。

Module-11

相違点を認めあって協力する

他人の意見をよく理解し活用していくことやお互いの相違点を尊び評価することによって、一人で考えるよりも、より効果的な解決策が生まれます。相乗効果を発揮するために、相違点を評価するテクニックについて学びます。

Module-12

理解するために聴く

相手を認め理解することで、相手と協調できる解決策を見つけることができます。誤解や混乱を軽減するために相手の話に対する集中度と理解度を高める聞き方を学びます。相手を理解しようとすれば、より深く理解してもらえるでしょう。

Module-13

自分を磨く

「肉体」「知性」「精神」「社会/情緒」の4 つのカテゴリーの間であなたの生活のバランスを改善し、仕事上の効率性を高めていく方法を学びます。それぞれのカテゴリーで達成可能な公約を立てることによって自分自身の再生と進歩を感じ取ることができるでしょう。

Module-14

行動パターンを改善する

あなたには止めたいと思う悪習慣や行動パターンはありませんか。あなたの行動パターンに小さな修正を繰り返すことによってより効果的な人生を送ることができます。行動を変化するためのチェックリストを使いながらどのようにして行動パターンを変えるかを紹介します。

Module-15

学習の成果を共有する

自分が学んだことをより深く理解する最良の方法は何を学んだのか他人に教えることです。学んできたことを教えあう活動は、個人にもそして組織にも利益を生み出します。共同学習のためのチャートを使って教える内容を整理していく方法を学びます。

Module-16

利害の一致点を見つけ、対立を解消する

対立している状況の中で自分の主張を押し通すのではなく、相手の真の利益を理解することによって、お互いの共通利益を見つけ創造的かつ効果的な解決策を見つけることができます。お互いが満足し、前向きで創造的な解決策をもたらすため、お互いの共通項に意識を集中させる方法について学びます。

■各モジュールの学習の進め方■

課題

コンセプト

ケーススタディ

実践ワーク

次のステップ

各モジュールはおおよそ下記の構成になっています。

  • まず、課題でよくあるケースを振り返り、問題の認識を行います。次に、その問題解決のために何を考え、どうすればいいのかコンセプトとして理解します。
  • ケーススタディでは、事例が用意されていますので、コンセプトを事例にあてはめて考えます。
  • そして、実際にあなたのケースを想定し、コンセプトをどのように生かすかを考えます。
  • 次のステップでは、ビジネスや生活の場面でどのように応用するのかを考えながら、モジュールの学習は終わります。